レポート詳細

戻る

ショップ名・施設名
担当キャラ
レノッチ
レポート日
2013-10-01
レポート内容
石釜ピザが香ばしいザ・イタリアン・トラットリア。地元のお客様に気取りのないクラシックなイタリア料理を!


洲本の市街地、塩屋筋のイタリアン「タンミダイニングRabo」にイタリア人風のレノッチがお邪魔してきました。

いい香りだ。私の故郷の匂いがする。

洲本市千草の匂いですか?



ふむ、これはチーズとピッツァーの香り。立派な石釜もある。ナポリの風景が目に浮かぶようだ。

レノッチ海外行ったことないでしょ。ドアに「Rabo」って書かれてますね。


素晴らしい。この字はきっと名のある書道家の作品に違いない。

よろしい。今日のランチはラボで決めよう。
ラボ・レノッチ・ランチ。『ラボンチ』だ!

・・・何でもいいですけどね。あ、もう入っていっちゃった。


なかなかいいカウンターだな。お、厨房にセクスィーな男が二人、彼らは何をしているのだろう。

料理作ってるに決まってるじゃないですか。それにしても二人とも男前ですね~(〃v〃)


奥はテーブル席になっているのだな。よしこちらに座らせて頂こう。これがメニューだな。


ランチは「ピザ・ランチ」か「パスタ・ランチ」で選べるみたいですね。

悩ましいな・・・。ラボンチはどちらもセクスィーだ。

よし決めた!迷った時は両方だ。

『オーダー!!』


レノッチはピザとパスタ、両方注文したようです。


・・・って、あれ、レノッチがいない



料理が届くまで店内を探検してみよう。


いたいた。また勝手に歩き回って。


むう!!イタリアビール!メッシーナ、ほっしーな!

お酒弱いんだからやめときなさい。


おや、この階段は?

2階もあるみたいですね。


なかなか広いな。このスペースならうなぎ団でパーティも開けそうだ。


(レノッチのおごりでな)


何だ今の声は?、、、、


おや? あそこに象がいるぞう。



いい乗り心地だぞう。



だぞうじゃないですよ。ほら、象嫌がってるじゃないですか。遊んでる間に料理きましたよ。

待ってました!



「ラボンチ・サラダ」

セクスィー♪



「ラボンチ・パスタ」

メルスィー♪



「ラボンチ・パン」

オイスィー♪



「ラボンチ・ピッツァ」

スンバラスィー♪


イタリア語がひとつもない、、、
(;一_一)



ふー満足満腹。おおデザートだ。不思議な食感じゃないか。

今日のドルチェは「セミフレッド」。イタリアのお菓子でチョコムースを凍らせたものだそうですよ。


素晴らしいランチだった。これで800円とは・・・身も心もお財布も満足さ!

特筆すべきはピザ生地のパン。外側はカリッと、中はモチっと。あっという間に平らげてしまった。

急いで食べたので写真がブレちゃいましたね。

美しいラボンチに一言御礼を言いたい。シェフを呼んでくれ。



オーナーシェフのかずみちさん、最後はレノッチとハイタッチで締めて頂きました。若干顔が引きつっているような(^^;

では、レノッチ、今日のラボンチはいかがでしたか?



『ブラボー!!』



シェフ、かずみちさんの笑顔が素敵なタンミダイニング「Rabo」では、地元のお客様に伝統的なイタリア料理を提供しています。ファミリーやシニアのご夫婦など、幅広い層の方がいらっしゃるとのこと。店名の「ラボ」は、コラボレーションやラボラトリー、ラブ、ブラボーetc...の言葉の雰囲気と、音感から。

おすすめはピザ、ピザ生地のパン(単品400円)
ピザ、ピザ生地のパンは営業時間内のテイクアウト可能。事前電話注文もできます。

戻る

© 2013, Catch Me! うなぎ団